ITmedia NEWS >
ニュース
» 2011年06月02日 18時21分 UPDATE

省電力設計のオフィス向けL2スイッチ3機種 富士通が発売

富士通はL2スイッチの新製品を発売。省エネ法基準を最大228%達成したという省電力設計が特徴だ。

[本宮学,ITmedia]

 富士通は6月2日、オフィス向けL2スイッチの新製品3機種を発売した。全機種で省エネ法の定める基準を165〜228%達成という省電力性能を実現。ボタン1つでLEDを消灯する「ECOモードLED機能」を搭載するなど、オフィスの節電対策ニーズに対応した製品群となっている。

photophotophoto 左から「SH1516C」「SH1508C」「SH1508MC」

 新製品の「SH1516C」は、10/100BASE-TXポートを16ポート搭載したLANスイッチ。最大消費電力は2.4ワットで、従来機種(SH1516B)の12ワットに比べて80%削減したのが特徴だ。エネルギー消費効率は1.4ワット/Gbps(Gigabit Per Second)。本体サイズは266(幅)×162(奥行き)×44(高さ)ミリ。価格は2万7000円(税別)。

 「SH1508C」は同ポートを8ポート搭載。最大消費電力は1.9ワットで、従来機種(SH1508B)の6.5ワットから71%削減した。エネルギー消費効率は2.3ワット/Gbps。本体サイズは266(幅)×162(奥行き)×44(高さ)ミリ。価格は1万1000円(税別)。

 同じく8ポートを備える「SH1508MC」はSH1508より小型で、机などのスチール壁面に取り付けるためのマグネットを備える。最大消費電力は1.9ワットで、従来機種(SH1508MB)の5.6ワットから66%削減。エネルギー消費効率は2.3ワット/Gbps。本体サイズは205(幅)×102(奥行き)×31(高さ)ミリ。価格は1万2000円(税別)。

 出荷日はそれぞれ6月24日を予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.