ITmedia NEWS >
ニュース
» 2011年10月03日 20時07分 UPDATE

放送コンテンツ向けストレージ市場は年率11.5%成長 テープレス化が加速――IDC予測

放送業界におけるワークフローの「テープレス化」が加速し、放送用半導体メモリー、ディスクストレージといった記録媒体へのシフトが進んでいくとIDC Japanは予測している。

[本宮学,ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは10月3日、「国内放送コンテンツ向けストレージインフラ市場予測」を発表した。2010年の同市場の投資規模は583億3500万円、ストレージ容量に換算すると約226ぺタバイトだった。また、2010〜2015年の同市場は年率11.5%で成長すると予測している。

photo 2010〜2015年の「国内放送コンテンツ向けストレージインフラ市場予測」(出典:IDC Japan)

 調査によると、同市場においてこれまで主流だったテープストレージの構成比は、2015年には2010年の約半分まで落ち込むとしている。こうした「テープレス化」の流れに伴い、「今後はより多くの業務で、放送用テープから放送用Blu-ray、放送用半導体メモリー、ディスクストレージシステムといった記録媒体へのシフトが進んでいく」とみる。

 また、保管された放送用テープなど、過去から蓄積されてきた記録媒体の容量については、2010〜2015年は年率7.4%で増えていくと予測している。これについてIDC Japanは、「映像コンテンツの高画質化や素材調達経路の多様化が、コンテンツ容量の増加に拍車をかけている。アーカイブシステム構築、検索や管理の強化といったインフラ基盤獲得が、放送映像業界向けのビジネスの鍵になる」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.