ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2011年12月19日 12時36分 UPDATE

NTT Com、日米間のIPバックボーンを600Gbps化

日米間における国際IPバックボーンの最大通信容量がを、業界最大級の600Gbpsに増速した。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは12月19日、日米間における国際IPバックボーンの最大通信容量を600Gbpsに増強したと発表した。インターネットサービスプロバイダー業界としては最大級の規模になるという。

 同社によると、2010年末までの5年間で日米間の容量は約7倍となっていたが、世界的なインターネット需要が爆発的に伸びていることを受け、2011年8月に500Gbps化をしてからわずか4カ月ほどで600Gbpsに到達した。

 日米間の国際IPバックボーンは、IPv4およびIPv6に対応し、IPv6ネットワークを中心とした次世代コアネットワークの1つとしている。

nttcom1219.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.