ITmedia NEWS >
ニュース
» 2012年01月12日 12時00分 UPDATE

企業のIT支出、2011年はマイナスも2012年に回復の見込み――IDC調査

大企業では微減、中堅・中小企業では大企業以上の減少となるが、2012年はともに回復すると予測する。

[ITmedia]

 IDC Japanは1月12日、企業のIT支出に関する分析・予測の結果を発表した。2011年上半期については、東日本大震災や電力不足などの影響からマイナス成長が見込まれるが、2012年以降は回復すると予測している。

 企業規模別の2011年のIT支出額予想は、従業員1000人以上の大企業では前年比2.6%減の5兆7838億円、500〜999人の中堅企業では4.6%減の8257億円、100〜499人の中小企業では6.1%減の1兆5183億円、1〜99人の小規模企業では7.8%減の1兆1410億円。大企業は経営努力などによって減少幅は小さいものの、大企業より経営体力が劣る中堅・中小企業(1000人未満)では減少幅が大きくなるという。

 2012年のIT支出は大企業および中堅・中小企業ともプラス成長を予測。中堅・中小企業では凍結されていたシステム刷新などの再開で1.5%増の3兆5385億円、大企業では2.5%増の5兆9300億円を見込む。

idc0112.jpg 国内IT市場 企業規模別 前年比成長率の予測:2010年〜2013年(出典:IDC Japan、2010年は実績値、2011年以降は予測。官公庁、教育、消費者は除く)

関連キーワード

企業 | IDC | SMB | IT投資


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.