ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2012年01月25日 07時48分 UPDATE

Symantec、pcAnywhereの脆弱性に対処

Symantecはリモートアクセス管理製品「pcAnywhere」のアップデートをリリースした。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Symantecは、リモートアクセス管理製品「pcAnywhere」のアップデートを1月24日付でリリースした。

 米セキュリティ機関US-CERTによると、このアップデートではWindows版に存在する複数の脆弱性に対処した。影響を受けるバージョンとして、pcAnywhere 12.5 SP3と、pcAnywhere Solutions 7.1 GA/SP 1/SP 2を挙げている。

 US-CERTではユーザーや管理者に対し、リスクを回避するため必要なアップデートを導入するよう促している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.