ニュース
» 2013年09月06日 20時42分 UPDATE

パナソニック、20インチ4Kタブレット発売 法人向け「TOUGHPAD」新製品

パナソニックは法人向けタブレットシリーズ「TOUGHPAD」の新製品として、20インチの4K液晶を搭載した「TOUGHPAD 4K」を12月に発売する。

[ITmedia]

 パナソニックは9月6日、法人向けタブレット端末「TOUGHPAD 4K」を12月上旬に発売すると発表した。20インチ4K解像度の高精細ディスプレイを搭載する。タブレットを囲んで打ち合わせを行うといった用途を想定している。実売価格は45万円から。

photo

 自社開発の20インチ4K解像度(3840×2560ピクセル)のIPS α液晶ディスプレイを搭載し、囲んで使うシーンでも全方向から見える広視野角な表示を実現しているという。重さは約2.35キロ、厚さは12.5ミリと同サイズの液晶を搭載したタブレットで世界最軽量・最薄だとしている。

 OSはWindows 8.1 Pro、CPUは第3世代Core i5-3437U vPro/1.9GHz、GPUはGeForce 745Mを採用する。標準モデルはメモリが4Gバイト、ストレージは128GバイトSSDで、バッテリー駆動時間は約2時間。

 TOUGHPADは2012年に展開を始めた法人向けタブレットシリーズ。すでに7インチ、10インチの商品を展開しているが、より大画面を求める声に応えて本製品を開発したという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -