ニュース
» 2013年10月27日 08時16分 UPDATE

Pinterest、Getty Imagesの画像のメタデータを表示する機能を追加

ユーザーがオリジナルを明示せずにピンした場合でも、それがGetty Imagesが管理する画像であれば、撮影者名やキャプションなどのメタデータが表示されるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Pinterestは10月25日(現地時間)、画像素材大手の米Getty Imagesとの提携により、ピンされたGetty Imagesの画像のメタデータを表示する機能を追加すると発表した。

 PinterestのユーザーがGetty Imagesが著作権を管理している画像をピンすると、その画像がGetty Imagesに登録された際のメタデータ(タイトル、キャプション、登録年月日、製作者名、著作権保有者名など)が表示されるようになる。

 Getty Imagesは傘下の著作権管理システム「PicScout」でピンされたGetty Imagesの画像を検出し、Connect API経由でメタデータを表示する。

 例えば料理の写真がピンされた場合、ピンしたユーザーが料理の名称などの情報を画像に添えていなくても、名称や撮影者の名前が表示される。撮影者名はリンクになっており、同じ撮影者の他の作品をGetty Imagesで閲覧できる。

 pinterest

 Pinterestはこの機能のためにGetty Imagesに対価を支払う。この機能はユーザーに情報を提供すると同時に著作権対策にもなっている。同社はGetty Imagesとの提携を基にしたさらなる機能追加を計画しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -