ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2014年01月07日 11時31分 UPDATE

2014 International CES:Huawei、バッテリーパックにもなる6.1インチ「Ascend Mate2 4G」を発表

HuaweiのフラッグシップAndroid端末「Ascend Mate2 4G」はLTEに対応し、4050mAhの大容量バッテリーと省電力設計で持続時間が長くなり、チャージャーのように他の端末を充電することもできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 中国Huawei Technologiesは1月6日(現地時間)、6.1インチのAndroidスマートフォン「Ascend Mate2 4G」を発表した。2013年のCESで発表した「Ascend Mate」の後継モデルで、ディスプレイサイズもバッテリー容量も同じだが、30%以上バッテリーの持ちが良くなったという。

 旧モデルとの最大の違いはLTEに対応したことだ。後はフロントカメラが800万画素から1300万画素にアップグレードした。厚さは4ミリ薄くなったが、LTEに対応したからか重さは4グラム増えた。

 huawei 1

 4050mAhのリチウムポリマーバッテリーは“業界で最大”としており、「リバースチャージング」としてバッテリーチャージャーのように他の端末の充電にも利用できるという。

 huawei 2
 huawei 3 プレゼン資料にはiPhoneを充電している画像が

 Android上に独自のスキン「Emotion UI 2.0」を載せており、片手での操作がしやすくなっている他、フローティングウィンドウ式のマルチタスク操作が可能だ。

 huawei 4 フローティングウィンドウ式マルチタスク機能

 1〜3月期に発売の予定。価格および販売地域はまだ発表されていない。

「Ascend Mate2 4G」の主な仕様
機種名 Ascend Mate2 4G
OS Android 4.3(コードネーム:Jelly Bean)
ディスプレイ 6.1インチ(720×1280、241ppi)
CPU Qualcomm Snapdragon 400(1.6GHzクアッドコア)
RAM 2Gバイト
ストレージ 16Gバイト
外部メモリ microSD(最大64Gバイト)
メインカメラ 1300万画素
インカメラ 500万画素
サイズ 161×84.9×9.5ミリ
重さ 202グラム
バッテリー容量 4050mAh(脱着可能)
ネットワーク LTE、HSDPA+、HSUPA、UMTS、EDGE、GPRS

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.