ニュース
» 2014年04月24日 11時32分 UPDATE

Zyngaの創業者ピンカス氏、執行権のない非常勤会長に

昨年MicrosoftのXbox統括責任者をCEOに迎え、会長兼CPOに就任したZynga創業者のマーク・ピンカス氏が執行権のない非常勤会長に退く。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Zyngaは4月23日(現地時間)、創業者で同社会長兼任CPO(最高製品責任者)のマーク・ピンカス氏(48)がこれらの職を退き、非常勤会長になると発表した。

 同社はFacebook内ゲームアプリでシェアを伸ばし、2011年に株式公開したが、その後ゲームのモバイルへの移行で後れを取り、株価は低迷している。

 zynga ドン・マトリックCEO(左)とマーク・ピンカス会長

 ピンカス氏は創業以来CEO兼会長を務めてきたが、2013年7月に米Microsoftのインタラクティブエンターテインメントビジネス(IEB)部門社長、ドン・マトリック氏(50)を引き抜き、CEOの座を譲った

 Zyngaは同日、Zynga Studioの社長としてMicrosoftのXbox LIVE担当責任者だったアレックス・ガーデン氏を迎えたことも発表した。ガーデン氏はマトリックCEOの直属になる。

 これらの人事については、同社の1〜3月期の業績と合わせて発表された。同四半期の売上高は前年同期比36%減の1億6800万ドル、純損失は6100万ドル(1株当たり7セント)だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -