ニュース
» 2014年04月25日 15時13分 UPDATE

“大人もハマる”PC向け「イナズマイレブン オンライン」 レベルファイブとNHNが共同開発

NHN PlayArtとレベルファイブがサッカーゲーム「イナズマイレブン」の最新作として、PC向けオンラインゲームを共同開発した。「ハンゲーム」で来月公開し、新たなファン層の開拓を狙う。

[山崎春奈,ITmedia]

 NHN PlayArtとレベルファイブは4月25日、PC向けオンラインゲーム「イナズマイレブン オンライン」を来月スタートすると発表した。ゲーム性を高め、既存ファンだけでなくPCゲーム好きの“大人もハマる”作品に仕上げたという。

photo パスやシュートもマウスで操作
photo 必殺技は200種以上

 これまでニンテンドー3DSなどで展開してきたサッカーゲーム「イナズマイレブン」シリーズの最新作として、NHN PlayArtの運営するゲーム・ポータル「ハンゲーム」で公開する。企画をレベルファイブが、サービス設計とサーバ開発をNHN PlayArtが担当している。

 開発コンセプトとして掲げた1つが、“大人もハマる”。アニメやゲームに親しむ既存の「イナイレ」ファンだけでなく、キャラクターやストーリーを知らないユーザーも楽しめるよう、オリジナルサッカーゲームとしての完成度や操作性を追求したという。

 パスやドリブル、シュートなど一連のアクションはマウスのみで完結。チーム編成や戦術を試行錯誤しながら、200種類以上の必殺技やアクションシーン、アニメの名シーンなどをHD画質の映像で楽しめる。オンラインゲームならではとして、全国のユーザーとリアルタイム対戦ができるのも売りだ。

photo オープニングムービーの一部

 NHN PlayArtの加藤雅樹社長が「絶対に必要」と制作したオープニングムービーとテーマソングには、テレビアニメや劇場版の主要スタッフが参画。レベルファイブの日野晃博社長自ら「今までのイナイレ映像で1番気に入っているかもしれない」「これからテレビ版新シリーズが始まりそうな迫力」と満足そうに話す本格的な仕上がりとなっている。

 加藤社長は「期待どころか……社運をかけてます!」と明言。「レベルファイブのスタッフが社内に常駐するなど、密に連携を取りながらいい作品が作れた。W杯を控え、サッカーに関する話題が盛り上がる時期。一気に加速させたい」とユーザー獲得に意気込む。

 「これまでオンラインゲーム制作の打診はあっても、自分にとっても大事な作品なのでなかなか踏み切れずにいた」と振り返る日野社長。「作品を理解したうえで新たなコンセプトを加え、素晴らしいゲームを生み出してもらえて嬉しい。『大人向けの本物のイナズマイレブン』として新たなファンを獲得できれば」と話している。

photo NHN PlayArt 加藤雅樹社長(左)、レベルファイブ 日野晃博社長

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -