ニュース
» 2014年05月13日 13時16分 UPDATE

「Office 365」、iOSやAndroidのOfficeからの企業内データ接続が可能に

OWAをインストールしたiOS、Android、Windows Phone上のOfficeスイートから企業内のデータに安全にアクセスできるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月12日(現地時間)、テキサス州ホーストンで開催のイベント「TechEd North America 2014」において、クラウドプロダクティビティスイート「Office 365」の企業版の新機能を発表した。

ファイル暗号化

 新しい暗号化機能が7月初旬から“ローリングアウト”する。この暗号化では、ディスクごとではなく、SharePoint OnlineやOneDrive for Businessに保存するファイルごとに暗号鍵が設定される。ファイルは複数のMicrosoft Azure Storageに分散され、ファイルロケーションマップ自体も暗号化される。

iOSやAndroid端末のOfficeからの企業内データへのアクセスが可能に

 OfficeおよびOWAをインストールしたiOS、Android、Windows端末で、“間もなく”Word、Excel、PowerPoint、OneDrive for Businessで企業のデータに直接アクセスできるようになる。IT管理者はWindows Intuneで、マルチプラットフォームのモバイル端末でのOffice利用についてのポリシーを管理できる。

SharePoint OnlineとOneDriveのDLP機能

 Office 365 Enterprise E3顧客は6月から、現在Exchangeで利用可能なDLP(Data Loss Prevention)機能を、SharePoint OnlineとOneDrive for Businessに保存されたドキュメントでも利用できるようになる。

Office 365セキュリティセンター

 信頼性確保に向けたMicrosoftの取り組みを紹介するためのWebページ「Office 365セキュリティセンター」を開設した。

 365

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -