ニュース
» 2014年06月24日 08時55分 UPDATE

Oracle、サービス産業向けシステムを手掛けるMICROS Systemsを53億ドルで買収

Oracleは、ホテルや小売業向けPOSサービスなどを手掛けるMICROS Systemsを傘下に収め、ビジネス向けクラウドポートフォリオを拡充する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Oracleは6月23日(現地時間)、ホテルや小売り業などサービス産業向けソリューションを手掛ける米MICROS Systemsを買収することで合意に達したと発表した。買収総額は約53億ドルで、取引は2014年中に完了する見込み。

 Oracleにとって、総額74億ドルの米Sun Microsystemsの買収以来の大規模な取引になる。

 MICROSは1977年創業のメリーランド州に拠点を置く株式公開企業。ホテル向けの予約システムや小売店向けのPOSなど、ソフトウェアとハードウェアのシステムを世界で提供している。

 micros

 Oracleのサフラ・カッツCFO(最高財務責任者)は発表文で、買収の効果はすぐに1株当たり純利益に反映されるだろうと語った。

 同社が19日に発表した第4四半期(3〜5月)決算は売り上げは増加したものの、注目の新規ソフトウエア・ライセンス収入が横ばいで、4.2%の減益だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -