ニュース
» 2014年07月01日 09時27分 UPDATE

Twitter、モバイルリターゲティング広告のTapCommerceを買収

Twitterが、サービスやアプリへの再訪を促す広告を手掛けるTapCommerceを買収し、MoPubのサービスに統合する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは6月30日(現地時間)、モバイルリターゲティング広告を手掛ける米TapCommerceを買収することで合意に達したと発表した。買収総額は公表されていないが、米Re/codeによると約1億ドルという。

 tapcom 1
 tapcom 2 リターゲティング広告の例

 TapCommerceは2012年創業のニューヨークに拠点を置く非公開企業。“リターゲティング”とは、文字通り一度ターゲティングした顧客を再度ターゲティングし直すということ。例えばあるオンラインショップのアプリをインストールしているユーザーのTwitterのタイムラインやFacebookのニュースフィードに、そのアプリを開くためのボタンのついた広告を表示する。現在5万本以上のアプリに1日当たり150億件以上のリターゲティング広告を表示しているという。

 TapCommerceのプラットフォームは既にMoPubに統合されているという。Twitterは同日、MoPubのモバイルインストール広告の世界での提供開始も発表しており、この広告でアプリをインストール済みの場合に[インストール]ボタンが[開く]ボタンになるのもTapCommerceの技術を採用しているようだ。

 TapCommerceはFacebookをはじめとする多数の企業を顧客に持っている。同社は公式ブログで、Twitter以外の現行顧客へのサービスに変更はないとしている。

 Twitterはモバイル広告に注力しており、MoPubNamo Mediaなどのモバイル広告企業を立て続けに買収している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -