ニュース
» 2014年08月04日 09時02分 UPDATE

Surface Pro、NFLがチーム用公式プレイ解析ツールに採用

MicrosoftとNFL(米ナショナルフットボールリーグ)が昨年締結した複数年のパートナーシップの下、NFLは今シーズンから特別仕様の「Surface Pro 2」を公式プレイ分析ツールとして各チームに貸し出す。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米NFL(ナショナルフットボールリーグ)の各チームは今シーズンから、米Microsoftの「Surface Pro 2」の特別仕様モデルを「Sideline Viewing System」として採用する。米Business Weekなどが8月3日(現地時間)に報じた。

 このシステムは、NFLがMicrosoftと昨年5月に締結した複数年の包括的なパートナーシップの一環として両社が開発したもの。

 nfl 1

 NFLのルールでは従来、チーム間の公平を保つため、サイドラインでのPCやタブレットの使用は禁じられており、プレイ分析はチーム専属カメラマンがポラロイドカメラで撮影した写真を印刷し、バインダーに挟んで選手やコーチに見せるというアナログな方法で行われている。

 Sideline Viewing SystemのSurface Pro 2は写真解析以外の目的に使えないよう機能が制限されており、Microsoftが各スタジアムに設置した専用無線ネットワークにのみ接続する。さらに、これらの端末はNFLが管理しており、各チームは試合の最中にしか使えない。

 サイドラインに設置したカメラで撮影した写真が専用ネットワーク経由でタブレットに送られ、コーチや選手は専用アプリでこれらの写真をチェックできる。写真は拡大も可能。端末は専用の堅固な防水カバーで保護されている。

 nfl 2

 デトロイト・ライオンズの公式ブログによると、プレイの10秒後にはタブレットでそのプレイの写真を表示できるという。

 今シーズンは従来のポラロイドによる写真解析と並行して使えるが、NFLは2015年にはSideline Viewing Systemへの完全移行を検討しているという。

 総額4億ドルと報じられたMicrosoftとNFLのパートナーシップではこのシステムの他、XboxがNFLの「公式ゲームコンソール」および「公式インタラクティブビデオエンターテインメントコンソール」に、SurfaceシリーズがNFLの「公式タブレット」に認定された。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -