ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2014年12月04日 13時10分 UPDATE

KADOKAWA、エンタメ電子小説誌「文芸カドカワ」創刊

KADOKAWAが月刊電子小説誌「文芸カドカワ」を創刊。大倉崇裕さんや赤川次郎さんが連載する。

[ITmedia]
photo 創刊号の表紙

 KADOKAWAが月刊電子小説誌「文芸カドカワ」を創刊した。「BOOK☆WALKER」をはじめ主要電子書店で販売中で、価格は450円(税別)。会員制電子書籍サービス「角川文庫プレミアムクラブ」でも閲覧できる。

 30〜40代男性をターゲットにした“純エンタメ小説誌”。「鴨川ホルモー」の万城目学さんや「福家警部補の挨拶」の大倉崇裕さん、「盤上の夜」の宮内悠介さん、「DINER」の平山夢明さんといった作家が集い、エンタメ小説を届ける。

 創刊号では大倉さんの警察サスペンス「GEEKSTER」や、田中圭一さんのマンガ連載「うつヌケ 〜うつトンネルを抜けた人たち〜」、日野草さんの読み切り「ナイト・ジャーニー」などが掲載される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.