ニュース
» 2015年02月19日 20時54分 UPDATE

講談社とデジタルガレージが資本・業務提携 電子コミック海外展開、新コンテンツビジネス育成で協業

デジタルガレージと講談社が資本・業務提携し、合弁会社で新コンテンツビジネスの展開を目指すほか、北米向け電子コミック市場開拓で協業する。

[ITmedia]

 デジタルガレージと講談社は2月19日、資本・業務提携することで基本合意したと発表した。講談社のコンテンツとデジタルガレージのインキュベーションノウハウを活用し、合弁会社で新コンテンツビジネスの展開を目指すほか、北米向け電子コミック市場開拓で協業する。

photo 提携のスキーム

 次世代コンテンツビジネスへの戦略投資を進める新会社「DKGate」(仮称)を5月に設立。資本金1000万円はデジタルガレージが66%、講談社が34%を出資する。電子書籍の新しい配信システムやサービス、DRM関連技術、雑誌連動のコンテンツ配信サービスといった分野で、スタートアップ企業への出資や両社のノウハウを生かした育成を行っていく。

 デジタルガレージは講談社の米子会社に出資し、同社を通じ、Webサイトやソーシャルメディアを活用した情報発信を進め、北米のデジタルコミック市場開拓を進めていく。両社の連携強化を図り、講談社はデジタルガレージ株式の0.5%以上を取得する予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -