ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2015年05月29日 12時45分 UPDATE

モバイルソーシャルアプリPathが韓国Daum Kakao傘下に

「カカオトーク」を擁する韓国Daum Kakaoが、“パーソナルネットワーク”が特徴の米モバイルソーシャルアプリPathを買収する。Pathの主なユーザーベースが東南アジアにあるからと創業者のデイブ・モリンCEOは説明する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米モバイルソーシャルアプリのPathは5月28日(現地時間)、韓国ネット大手のDaum Kakaoによる買収で合意に達したと発表した。買収総額などの詳細は公表されていない。

 Pathは2010年、元Facebookのデイブ・モリン氏が元Netscapeのショーン・ファニング氏とともに立ち上げたソーシャル企業。閉じられたパーソナルネットワークが特徴で、モリン氏によると現在のMAU(月間アクティブユーザー数)は1000万人。

 path

 モリン氏は、現在Pathは主に東南アジアで(Daum Kakaoによると、特にインドネシアで)人気があるため、東南アジア市場について深く理解しているチームが必要になったとしている。PathおよびPath Talkのサービスは買収完了後もそのままのブランドで提供を続ける。

 Daum Kakaoは、2014年にポータルサイトとして韓国2位のDaumと、「カカオトーク」が人気のKakaoの合併によって誕生した企業。カカオトークのMAUは4800万人だ。

 kakao カカオトークは日本でも利用者が多い

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.