ニュース
2015年08月04日 06時55分 UPDATE

Apple、Siri利用の留守電テキスト化ツールをテスト中?

iPhoneで電話に出られないとSiriがユーザーに代わって応対し、メッセージをテキストに変換してユーザーに届ける──。こんな機能が来年登場するかもしれない。

[ITmedia]

 米Appleの複数の従業員が、iPhoneでSiriベースの新しいボイスメール(留守電)ツールをテストしている──。米Business Insiderが8月3日(現地時間)、複数の情報源の話としてそう報じた。

 siri 1

 同メディアが「iCloud Voicemail」と呼ぶこのツールは、ユーザーがiPhoneへの電話に出ないと、Siriが応対して相手に留守電の録音を促し、録音を(ユーザーの命令をテキスト化するのと同じように)テキスト化してiCloud経由のテキストメッセージとしてユーザーに届けるという。

 このテストは数週間前から実施されており、テストが順調であれば来年中に(おそらく「iOS 10」の機能として)提供されるとBusiness Insiderは予測している。

 今秋リリース予定の「iOS 9」のSiriは、正確さや反応速度が40%向上し、ユーザーの利用パターンに基いて次の操作を提案したり、かかってきた電話番号から相手を推測する機能などが搭載される。

 なお、日本では利用できないが、米Googleの電話サービス「Google Voice」には2009年から留守電のテキスト化機能が付いている。同社は最近、Google Voiceと独自モバイル通信サービス「Project Fi」の音声/テキスト変換でのエラーを49%削減したと発表した。

 siri 2 Google Voiceの留守電テキスト化機能

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors - 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -