ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2015年08月18日 17時17分 UPDATE

KDDIとZ会、タブレット活用した学校向け教育サービスで提携

ITを活用した学校向け教育サービスの提供でKDDIとZ会が提携。タブレットや学習コンテンツ、通信環境などを提供する。

[ITmedia]

 KDDIとKDDI研究所、増進会出版社は8月18日、ITを活用した学校向け教育サービスの提供について提携したと発表した。学校向けにタブレットや学習コンテンツ、通信環境などを提供するサービスを、2015年度内に提案・販売開始する。

画像

 増進会出版社傘下のZ会の販売チャネルを通じ、まず私立中学・高校を対象に、タブレットや学習コンテンツ、通信環境、授業支援サービスなどを提供。16年以降、塾・予備校に通う学生も対象とし、家庭での利用を含めたスマートデバイスの提供、通信サービスの開発を目指す。

 Z会は、16年春から提供開始する学校向け学習プラットフォーム「StudyLinkZ」を通じ、デジタル教材、授業支援システム、校務支援システムも提供する。

 個々の生徒に合わせて最適な教材を個別に提供する「アダプティブラーニング」に関する共同研究も実施。KDDI研究所が保有する「理解度推定技術」を応用し、Z会の持つ動画やスライド・テキストなどの教材について最適な学習方法を提示する機能の開発を進め、16年度以降の提供を目指す。

 今後、学習履歴など教育に関するビッグデータを活用した新たな学習環境の提案についても検討する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.