ニュース
2015年09月24日 07時12分 UPDATE

Apple、「watchOS 2」のセキュリティ情報公開

watchOS 2ではメモリ破損などの深刻な脆弱性が多数修正された。

[鈴木聖子,ITmedia]
aple001.jpg Appleの告知

 米Appleは9月23日、Apple Watch向けOSの更新版となる「watchOS 2」のセキュリティ情報を公開し、多数の深刻な脆弱性に対処したことを明らかにした。

 それによると、watchOS 2では計31項目の脆弱性が修正された。メモリ破損など任意のコード実行につながる深刻な問題が多数含まれる。また、CFNetworkの脆弱性ではSSL/TLS接続を傍受される可能性、CoreCryptoの脆弱性では攻撃者にRSA秘密鍵を特定されてしまう可能性が指摘されている。

 watchOSの更新版は、ペアリングしているiPhoneの「Watch」アプリ経由でインストールできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -