ニュース
2015年11月06日 15時01分 UPDATE

ソニー、サイバーショット最上位機種「RX1R II」 4240万画素フルサイズセンサー搭載

ソニーは、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショットRXシリーズ」の最上位モデルとして「RX1R II」を12月中旬に発売する。

[ITmedia]

 ソニーは11月6日、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショットRXシリーズ」の最上位モデル「RX1R II」を12月中旬に発売すると発表した。オープン価格で、実売予想価格は43万円前後(税別)。

photo

 有効約4240万画素の35ミリフルサイズセンサーと画像処理エンジン「BIONZ X」(ビオンズエックス)を搭載。独Carl Zeissの大口径単焦点レンズ「ゾナーT* 35mm F2」を採用し、レンズ一体型の特性を生かしたイメージセンサー面とレンズ光軸の一体調整で、画面の中心から周辺まで高精細な描写が可能になった。

 ISO感度は100〜2万5600相当で、従来モデル「RX1R」と比べて約3.5倍の高速読み出しを実現。399点像面位相差AFセンサーを採用し、コントラスト検出と位相差検出を組み合わせた「ファストハイブリッドAF」に対応したほか、広いAFカバー範囲、従来モデルに比べ約30%高速化したAFレスポンス、毎秒5コマの連写に追従――など、高速・高精度なピント合わせを強化する。

 世界初となる光学式可変ローパスフィルターも搭載し、1台でローパスフィルター効果のオン/オフを切りかえられるほか、倍率0.74倍の電子ビューファインダー(EVF)「収納式XGA OLED Tru-Finder」も搭載する。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -