ニュース
2015年11月30日 09時30分 UPDATE

投稿画像の3〜4割が児童ポルノ 人気アプリ「写真袋」 “自画撮り”を次々に投稿した少女の無知と麻痺 (1/3)

人気の画像共有アプリ「写真袋」の投稿画像の3〜4割が児童ポルノだった。少女らが自分で撮影した「自画撮り」ポルノも多かった。少女たちはなぜ自らの裸をネット空間にさらすのか。

[産経新聞]
産経新聞

 友人と思い出の画像を共有できるスマートフォン向け人気アプリ。その実態は投稿画像の3〜4割が児童ポルノだった。驚くべきは少女らが自分で撮影した「自画撮り」ポルノも多かったこと。実は最近の児童ポルノは自画撮りが少なくなく、4割は自分で撮影したものというデータもある。少女たちはなぜ自らの裸をネット空間にさらすのか。

3〜4割が児童ポルノ

 「もはや公然陳列の場を提供している状況。たまたま児童ポルノが集まったというレベルではない」

画像 学生などに人気だったアプリ「写真袋」。投稿画像の3〜4割が児童ポルノだったとされる(ホームページより)

 画像共有アプリ「写真袋」を摘発した警視庁の捜査関係者はこう話した。

 写真袋は、画像や動画の保管ができるアプリで、「クラス旅行」など投稿者が設定した「合言葉」を入力すれば他の利用者も画像を閲覧できる。煩雑な登録作業がいらないことやアプリのデザインがかわいらしいことから学生を中心に人気を集め、のべ400万人の利用があった。

 ところが同庁と京都府警の捜査で、実際には投稿画像の3〜4割が児童ポルノとみられることが判明した。こうした画像の合言葉はツイッターやネット掲示板で拡散され、事実上、不特定多数に公開されていた。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -