ニュース
2015年12月08日 09時17分 UPDATE

マッハ1.6 JAXAが夢の超音速旅客機に挑む 電動有人機も国内初飛行に成功 (1/3)

JAXAが未来の機体について研究を進めている。超音速旅客機や電動航空機など多彩な翼が大空を舞う日が来るかもしれない。

[産経新聞]
産経新聞

進化目指す日本の翼

 国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)が試験飛行に成功し、新時代の扉を開けた日本の航空機。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、その先にある未来の機体について研究を進めている。超音速旅客機や電動航空機など多彩な翼が大空を舞う日が来るかもしれない。(草下健夫)

15年後にも実証飛行

 超音速機として名高いコンコルドは英国とフランスが共同開発し、1969年に初飛行した。夢の旅客機として脚光を浴びたが、激しい騒音や燃費の悪さから2003年に退役。超音速旅客機は世界の空から姿を消した。

画像

 JAXAはその復活をかけて研究を続けている。最大の懸案である騒音の正体は、機体の先端や後端で空気が圧縮されて起きる爆発のような衝撃音。研究チームは機首をカモノハシのくちばしに似た形にするなどし、これを大幅に減らす設計を考案した。

 今年7月の無人機によるマッハ1・39の飛行実験で、機体の先端と後端の両方で衝撃音を低減させることに世界で初めて成功した。50人乗りの機体に適用すると衝撃音はコンコルドの約4分の1に減り、遠くの雷鳴が聞こえる程度に緩和されるという。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -