ニュース
2015年12月09日 09時45分 UPDATE

音楽著作権の「巨人」 独占崩壊か エイベックス系列、JASRACへの管理委託解消 (1/3)

エイベックスがJASRACへの管理委託の解消を決めた。長年続くJASRACの独占状態が崩れるか注目が集まっている。

[産経新聞]
産経新聞

 音楽著作権の管理ビジネスに新たな動きが出ている。EXILEや安室奈美恵さんらの人気アーティストを抱えるエイベックス・グループ・ホールディングス傘下の音楽出版社が、日本音楽著作権協会(JASRAC)への管理委託の解消を決めた。長年続くJASRACの独占状態が崩れるか注目が集まっている。(SANKEI EXPRESS)

「健康な対抗軸に」

 レコード会社のCD制作のほか、放送局で音楽を流したりカラオケで歌ったりすると、作詞家や作曲家らに使用料が分配される「音楽著作権」。JASRACは300万作品以上の管理を請け負う業界の“巨人”だ。

画像 日本音楽著作権協会が入るビル 東京都渋谷区

 「将来的にJASRACの健全な対抗軸に」と話すのは、エイベックス系列の著作権管理会社「イーライセンス」の阿南雅浩社長。系列の音楽出版社「エイベックス・ミュージック・パブリッシング」社長を兼務し、著作権がある約10万曲の管理委託(演奏権を除く)を、著作者の同意を得てJASRACから移す手続きを進めている。

 イーライセンスは同業の「ジャパン・ライツ・クリアランス」と経営統合の協議も進める。ジ社の荒川祐二社長も「どんな事業も独占事業者がいると創意工夫が乏しくなる。業界の活性化にプラス」と統合に意欲的だ。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -