ニュース
2015年12月16日 10時06分 UPDATE

電子マネー、囲い込み激化 なりふり構わぬローソン、WAON導入でセブンに対抗 (1/3)

ローソンがイオンの電子マネー「WAON」の導入を始めた。流通系の電子マネーはWAONとセブン&アイの「nanaco」の2陣営に分かれ、両陣営による顧客の囲い込みが激しくなりそうだ。

[SankeiBiz]

 コンビニエンスストア大手のローソンは15日、全国約1万2200店の店舗で、流通大手イオンの電子マネー「WAON(ワオン)」の導入を始めた。ローソンのワオン導入で、流通系の電子マネーは、コンビニ大手のファミリーマートも導入しているワオンと、セブン&アイ・ホールディングスの「nanaco(ナナコ)」の2陣営に大きく分かれた。今後は両陣営による顧客の囲い込みが激しくなりそうだ。

なりふり構わぬ戦略

画像 ローソンの店頭にはイオンの電子マネー「ワオン」の利用開始を知らせるポスターが張り出された=15日、東京都品川区

 ローソンがイオンと手を組む背景には、セブン&アイ傘下でコンビニ最大手のセブン−イレブン・ジャパンとの差がなかなか縮まらないことに加え、業界3位のファミリーマートと業界4位のサークルKサンクスの親会社ユニーグループ・ホールディングスの経営統合が基本合意に達したことで、店舗数では大きく引き離された3位に転落することがある。

 流通業界に詳しい日本経済大の西村尚純教授は「小売業界の変化は早く、各社とも(電子マネーや共通ポイントなど)自分の経済圏に顧客を囲い込むためには、なりふり構っていられない」と分析する。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -