ニュース
2015年12月23日 10時35分 UPDATE

うどんかるた、「不適切」ではない──当初通り公開 選定委が全員一致で

「強いコシ 色白太目 まるで妻」の読み札が不適切との意見が寄せられた香川県の「うどんかるた」について、停止していた無償ダウンロードを再開した。

[産経新聞]
産経新聞

 香川県は22日、「強いコシ 色白太目 まるで妻」の読み札が不適切との意見が寄せられた「うどんかるた」について、停止していた無償ダウンロードを再開、延期していた販売を開始すると発表した。

 「うどんかるた」は全国年明けうどん大会(今月12、13の両日に高松市で開催)の関連事業として、家庭や地域での「年明けうどん」普及のため、県などが全国から作品を公募して有識者からなる委員会が選定した。

 ところが「つ」の読み札の句について意見が寄せられたことから、県は慎重を期して選定委員会で再検討を行っていた。

 県によると、「言葉1つひとつを捉え解釈するのではなく、作者の持つ意図を理解し尊重すべきであり、作品自体には問題がない」「作者の意図は、大好きなうどん同様に妻を愛しむ気持ちをうどんの特長に込めた句で、悪意はない」「さまざまな解釈があるが、作者の意図を読む人に伝えることが必要」などとする意見があり、全員一致で当初の選定を維持することにした。

 「うどんかるた」の特設ホームページへの掲載、無償ダウンロードは22日午後5時から再開。年明けうどん普及委員会による販売は26日午前10時から始める。

 年明けうどん公式サイト内で1600個、高松空港売店2階の本場さぬきうどん協同組合直営店「麺店会」で200個を取り扱う。価格は1500円(税別)。

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -