ニュース
2016年01月06日 09時24分 UPDATE

2016 トップに聞く(5):「シャープ、東芝からも人材受け入れたい」 日本電産 永守重信会長兼社長 (1/2)

日本電産の永守会長は、「希望退職を行ったシャープや東芝などの応募者を幅広く受け入れたい」と話す。

[産経新聞]
産経新聞

――足もとの業績が非常に好調だ

 「来年度も3年連続となるベースアップを考えている。物価も上がってきており、従業員の暮らしを守らなくてはならない。ただ、当然めりはりはつける。全員が同じようにアップする仕組みにはならない」

画像 インタビューに応じる日本電産会長兼社長の永守重信氏

――平成28(2016)年度はどのような1年になるか

 「チャンスとリスクが同時に来る年になる。今、オイルショック時以来の技術革新が起きている。IOT(モノのインターネット化)が進み、自動化運転、触覚デバイスなどの技術が進んでいる。やがて『自家用ドローン』で人を運ぶ時代も来るだろう。高性能のモーターが必要になってくる。来年度は過去最大の1000億円の設備投資を行う。2、3年先を見すえ、3カ月単位の業績には目をつむってもいい」

――市場も急拡大するか

 「これから市場を広げなくてはいけないが、急激に伸びた市場は急にしぼむ。じわじわと伸ばすのが良い」

――必要な人材の確保は

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -