ニュース
2016年01月07日 09時24分 UPDATE

東芝もやめてしまうのか 洗濯機メーカーは3〜4社に 「白物家電王国」の落日 (1/3)

東芝が白物家電事業を手放そうとしている。白物家電メーカー数がさらに減ることになり、かつての“白物家電王国”の落日をさらに印象づけそうだ。

[産経新聞]
産経新聞

 利益水増し問題を契機に不採算事業の構造改革を進める東芝が、洗濯機や冷蔵庫などを取り扱う「白物家電」事業について、シャープとの統合や、他社への売却などを検討している。白物家電をめぐる日本企業の動きをみてみると、戦後の復興期に洗濯機市場を切り拓いた三洋電機が撤退。NECや富士通、三菱電機も自社生産を取りやめた。東芝が事業を手放せば、さらにメーカー数が減ることになり、かつての“白物家電王国”の落日をさらに印象づけそうだ。

画像 日本の家電メーカーがどんどん少なくなっている。写真はパナソニックのななめドラム洗濯機。

 白物家電事業のシャープとの統合などについて、東芝の室町正志社長は昨年12月21日の会見で「さまざまな選択肢が同時並行的に進んでいる」と述べた。関係者によると、両社の事業を統合して会社を設立し、原材料の調達力強化やコスト削減を進めるという構想があるという。

 事業統合が実現するかに関わらず、東芝は白物家電事業を縮小する方針だ。同事業での人員削減は1800人。新興国で主流の「二槽式」洗濯機をつくるインドネシアの工場を閉鎖する。これに伴い、国内外で二槽式洗濯機の自社販売を終えるという。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -