ニュース
2016年01月08日 10時21分 UPDATE

シャープとJDI、液晶で“日の丸連合”か 中国発“供給過剰”の泥沼懸念 生き残りのカギは (1/3)

シャープの液晶事業の買収にジャパンディスプレイが乗り出す見通しだ。台湾・鴻海も好条件で事業買収を打診するなか、日の丸液晶連合で競合する韓国勢などに対抗する構えだ。

[産経新聞]
産経新聞

 経営再建中のシャープから切り出す液晶事業をめぐり、官民ファンド、産業革新機構傘下の中小型液晶大手、ジャパンディスプレイ(JDI)が買収に乗り出す見通しだ。台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業も好条件で事業買収を打診するなか、日の丸液晶連合で競合する韓国勢などに対抗する構えだ。ただ、液晶をめぐっては、中国勢が収益悪化を覚悟で生産増強に動いており、太陽光パネルや鉄鋼が陥った中国発の供給過剰の泥沼に陥る危険性がある。

画像 シャープの亀山工場=三重県亀山市

液晶切り離し

 シャープが液晶事業の分社化について公式に認めたのは10月30日だった。平成27年9月中間連結決算の会見で、高橋社長は「いろんな可能性を検討し、複数社と協議している。(売却や出資受け入れなどの)形は協議を続けていく中でみえてくる」と述べた。

 会見で交渉相手は明らかにはしなかったが、売却や出資受け入れに向け産業革新機構と協議しており、傘下のJDIが買収を提案する方向だ。

 一方で、台湾・鴻海精密工業とも交渉している。関係者によると、鴻海は現在の事業価値に50%を上乗せして最大2500億円の出資を提案しているという。

 最終的には、シャープは主力取引銀行の思惑も踏まえて判断するとみられる。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -