ニュース
2016年01月13日 09時17分 UPDATE

こけし収集が第3次ブームに 「ダースベーダーこけし」も登場 「こけ女」全国に増殖中! (1/5)

こけしが「第3次ブーム」に。「こけ女」と呼ばれる女性ファンも多い。流行の背景を探った。

[産経新聞]
産経新聞

 東北地方で江戸時代から作り続けられきた「こけし」。球形の頭に円柱の胴。それだけのシンプルな人形だが、どこか郷愁を呼び起こす。そんなこけしが今、人気を集め、戦前と高度経済成長期に続く「第3次ブーム」を巻き起こしている。「こけ女」と呼ばれる女性ファンも多い。それぞれの流行の背景を探ると、“古き良き日本”を見直すささやかな母国へのプライドが読み取れる。(玉崎栄次)

古くて新しい“ゆるキャラ”?

 宮城県が考案した、あるキャラクターが「キモかわいい(気持ち悪いけどかわいい)」と評判を呼んでいる。その名も「こけし飛行機」−。

画像 伝統こけしに飛行機の要素を加えた「こけし飛行機」(宮城県提供)

 こけしは東北地方発祥の工芸品で、宮城県も特産として売り出している。今回は、仙台空港の利用者増を狙った観光キャンペーンのポスターに描かれたもので、宮城の特産品でもあるこけしの胴体に主翼や尾翼を付け飛行機にした新たな“ゆるキャラ”だ。

 そのシュールさが鮮烈な印象を残す。反響は大きく、県は、こけし名産地の鳴子温泉がある大崎市のこけし職人に依頼し、2体の実物も製作。完成品は県庁1階で展示している。

       1|2|3|4|5 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -