ニュース
2016年01月18日 16時48分 UPDATE

JR東海社員、「カシオペア」指定席を不正発券 切符収集の目的で

JR東海の社員が、寝台特急「カシオペア」の指定券を不正に発券していたことが判明した。

[ITmedia]
photo JR東海の公式サイトより

 JR東海は1月18日、東海道新幹線の品川駅社員が、寝台特急列車「カシオペア」の指定券を不正に発券したことが判明したと発表した。

 同社員は15日、切符の販売を担当中に、予約専用端末を操作。切符収集という私的な関心から、実際には乗車しない「カシオペア」の寝台指定券「カシオペアスイート」を不正に発券し、自宅に持ち帰った。

 寝台を指定するだけで、料金は発生しない切符として発券したが、一般の乗客が寝台を利用できなくなったという。

 当該社員は「事実関係を詳細に把握した上で厳正に対処」し、今後社員教育を徹底して再発防止に努めるという。

 カシオペアは上野駅と札幌駅を結ぶ寝台特急列車。北海道新幹線の開業に伴い、3月20日をもって運行を終了する。

photo カシオペア

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -