ニュース
2016年01月28日 09時22分 UPDATE

シャープ社員、3カ月で4692人減……うち数百人は自主退職 人材流出ショック深刻 (1/2)

シャープの連結社員数が3カ月で4692人減少。自主的な退職も相次いでおり、再建に必要な人材流出の懸念は高まっている。

[産経新聞]
産経新聞
画像 シャープの高橋興三社長=昨年10月30日、東京都港区(早坂洋祐撮影)

 経営再建中のシャープは、全世界の連結社員数が昨年12月末で4万4164人となり、9月末から4692人減少したことを明らかにした。9月末に国内で実施した希望退職など人員削減を進めた結果だが、自主的な退職も相次いでおり、再建に必要な人材流出の懸念は高まっている。

 国内だけでみると、12月末現在の社員数は2万397人で、9月末より3315人減った。このうち希望退職制度の利用は3千人程度で、同制度の要件に当てはまらない若手ら数百人が自主退職した。

 昨年12月には、元代表取締役専務の中山藤一氏がコンデンサー大手のニチコンの副本部長に就任。幹部級の人材流出も相次いでいる。

 元シャープ社員を積極的に採用してきた生活用品大手のアイリスオーヤマの広報担当者は「採用したい優秀な社員の多くはすでにシャープから転出してしまっている」と明かす。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -