ニュース
2016年01月29日 08時28分 UPDATE

“試練の交渉”電機連合の格差拡大 東芝離脱なら歴史上初の事態に (1/2)

電機連合が月額3000円以上の統一要求を決定。電機の労使交渉は「統一闘争」が特徴だが、日立などと東芝・シャープの業績格差は大きい。

[SankeiBiz]

 電機連合が29日に月額3000円以上の統一要求を決定、大手企業の春闘交渉が本格化する。電機の労使交渉は、主要各社の経営側から同じ水準の回答を引き出す「統一闘争」が特徴だが、早期に構造改革を進めた日立製作所などと、経営再建中の東芝、シャープの業績格差は大きく開いている。

 特に、交渉を主導する6社の一角を占める東芝が離脱すれば、60年以上となる電機の統一闘争の歴史で初めての事態だ。金融市場の混乱で、経営側は世界経済の先行きに警戒感を強めており、組合側にとって過去2年より厳しい“試練”の交渉となりそうだ。

 「いずれ『難しい判断』がくるかもしれない」

 電機連合の有野正治中央執行委員長は28日、東芝の労組が初めて、シャープの労組が4年連続で統一闘争を離脱する可能性について懸念を示した。

 電機連合では、現在13社の労組による中央闘争委員会(中闘)が中核となっている。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -