ニュース
2016年02月08日 09時43分 UPDATE

米Twitterで内紛か お騒がせ創業者の復帰で幹部社員が一斉退社 起死回生「140字→1万字」の成算はいかに? (1/4)

「つぶやいている」場合じゃない?――Twitterが非常事態だ。一度は放逐した“お騒がせ”創業者をトップに呼び戻したが、今度は主要幹部が一斉退社。文字数制限は1万字に拡大されるとの観測だ。

[産経新聞]
産経新聞

 「つぶやいている」場合じゃない?−。短文投稿サイトの米ツイッターが文字数制限を1万字へ大幅に拡大するとの観測が話題を呼んでいる。経営の混乱と業績低迷が背景にあり、一度は放逐した“お騒がせ”創業者をトップに呼び戻すまで追い詰められたが、今度は主要幹部が一斉退社。一時はIT企業の旗手と持ち上げられたツイッターが「非常事態」に陥った。

もろ刃の剣?

 米ITサイトのリコードは年明け、関係者の話として、ツイッターが文字数制限を現在の140字から1万字に広げて新たなサービスを開始すると報じた。今年3月までの導入を目指しているという。

 ツイッターは、オバマ米大統領をはじめとする政治家や、米歌手のレディー・ガガさんなど有名人が多数のフォロワー(読者)を集める一方で、一般の利用者からは、「短い投稿では発信できる情報量が限られる」との声があった。

 これにツイッターは表向きは明確なコメントを出していないが、特定の人の間でしか見られないサービスの「ダイレクトメッセージ」はすでに文字数制限を1万字に拡大している。さらにジャック・ドーシーCEO(最高経営責任者)が報道を意識してか、「われわれは、ユーザーのためなら新たな機能を追加することをためらわない」となんとも意味深長なコメントを発したことで、観測は「信憑性を増した」(米誌ワイアード)とみられている。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -