ニュース
2016年02月10日 09時22分 UPDATE

iPhone 6s伸び悩み Apple失速 国内出荷、初の前年割れ (1/2)

国内携帯電話出荷台数で、Appleが前年割れ。08年のiPhone発売以降初めてだ。

[SankeiBiz]

 2015年のメーカー別携帯電話出荷台数で米アップルが前年比10.6%減となる1473万台だったことが、IT専門調査会社のMM総研が9日発表した国内携帯電話出荷概況調査で分かった。アップルの前年割れは、08年のiPhone(アイフォーン)発売以降初めて。15年に発売されたアイフォーン6sが、14年発売のアイフォーン6と比べ変化が少なかったことなどから、販売が伸び悩んだとみられる。

 スマートフォンと従来型携帯電話を合わせた総出荷台数は、前年比6.6%減の3577万台で12年から3年連続の減少となった。

 このうち、スマホの出荷台数は同0.4%減の2758万台で、過去最高だった12年の3042万台からは9.3%減った。また、従来型携帯電話は同22.6%も減少して819万台となり、MM総研の00年の統計開始以来初めて1000万台を割り込んだ。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -