ニュース
2016年02月12日 09時52分 UPDATE

「印税に心売ったか!?」――小保方氏手記に反響 強い被害者意識、「悪の象徴にされた」 (1/5)

「悪の象徴にされた」――小保方晴子氏が出版した「あの日」の内容に、反響が広がっている。騒動を謝罪しながらも、実験の一部は再現できていたと主張する。

[産経新聞]
産経新聞

 「混入犯に仕立て上げられた」「悪の象徴にされた」…。ときに激しく、ときに文学的な表現で赤裸々な心境を書き連ねた手記。STAP細胞をめぐる一連の騒動の当事者だった理化学研究所の小保方晴子元研究員が講談社から出版した「あの日」の内容に、反響が広がっている。騒動を謝罪しながらも、実験の一部は再現できていたと主張。さらに「取材攻勢は殺意すら感じさせる」などと毎日新聞やNHKの記者の実名を挙げての批判も飛び出し、インターネットの電子書籍販売サイトで一時、1位にランキングされた。騒動に巻き込まれた理研では、関係者が「関心ないといえば嘘になる」と明かす一方、「印税に心を売ったのか」と憤怒の声も渦巻く。精神科医は文面から「強い自己愛」を指摘するのだが…。

画像 小保方晴子氏。STAP細胞をめぐる騒動を振り返る手記「あの日」を講談社から出版したが、さまざまな反響を巻き起こしている

謝罪、そして潔白主張

 小保方氏は手記の冒頭、「はじめに」として「STAP細胞に関する論文発表後、世間を大きく騒がせたことを心よりお詫(わ)び申し上げます」と謝罪。その一方、「人生をやり直すことができたとしても、私は研究者の道を選ぶ」「自分なりに一生懸命に実験に取り組んできた」「誰かを騙(だま)そうとして図表を作成したわけではない」「一片の邪心もありませんでした」と身の潔白を強調した。

 そして「重すぎる責任に堪え兼ね、死んでこの現状から逃れられたら、と何度も思いました」と自責の言葉を重ねつつも、「このまま口をつぐみ、世間が忘れていくのを待つことは、さらなる卑怯(ひきょう)な逃げであると思い、(中略)真実を書こうと決めました」と手記の出版にまで至った理由を説明した。

       1|2|3|4|5 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -