ニュース
2016年02月15日 10時00分 UPDATE

宇宙の波紋・重力波 米国が日本を圧倒……「かぐら」出遅れ、震災も影響 (1/4)

米研究チームが重力波を初検出。日本の「かぐら」が来月に観測を開始する矢先の出来事だった。米国に先を越された理由は。

[産経新聞]
産経新聞

 天文学に新たな道を開く重力波の初検出。大発見の背景と今後の展望を探る。

 「重力波を検出した。われわれはやった」

 研究チームを率いる米フロリダ大のライツィー教授は会見でこう話し、笑顔で両手を広げた。会場から一斉に歓声と拍手がわき起こる。アインシュタインが100年前に示した予言を、米国が実証した“勝利宣言”の瞬間だった。

画像

 「ガリレイは400年前、望遠鏡を空に向け現代の観測天文学を開いた。それと同じくらい重要な成果だ」。ライツィー氏は誇らしげに意義を説明した。

 中継映像を見ていた大阪市立大の神田展行教授は「すごいことだ。重力波のみならず、ブラックホールを人類が初めて直接観測した大快挙で、ものすごく感動している」と語った。

 日本の研究者は歴史的な偉業に賛辞を惜しまない。だが胸中には、無念さもあるはずだ。東大宇宙線研究所が岐阜県に建設した大型装置「かぐら」が来月に観測を開始する矢先の出来事だったからだ。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -