Special
2016年02月12日 10時00分 UPDATE

トライアル・モニター募集中!:遠隔会議がこんなに快適に!? 世界品質スピーカーフォン「FLX UC 500」でWeb会議をグレードアップしませんか?

[PR/ITmedia]
PR

 支店や他拠点との会議、あなたの会社ではどんなツールを活用していますか? 社内外の打ち合わせにWeb会議システムを日常的に利用しているケースも多いのではないでしょうか。

 ビジネスのグローバル化、在宅勤務などワークスタイルの変化――業務効率化の上で必須装備ともなりつつあるWeb会議。とはいえ、対面の会議と比べると「どうしても音声がこもり、会話がスムーズにいかない」「音切れが気になってしまう」と“我慢できなくもない”小さなストレスが積み上がっているケースも少なくないかもしれません。

photo FLX UC 500

 高まるWeb会議ニーズを受け、ITmedia ニュースでは、ヤマハのWeb会議用USBスピーカーフォン「FLX UC 500」(オープン価格、実売価格5万円前後)のモニターキャンペーンを実施します。複数人同士の利用に特化した充実の機能、「話す」「聞く」の両面でいつもの会議をワンランクアップします。

 「マイクとスピーカーを変えたくらいで、そんなに変わるの?」――そんなあなたにぜひ試してほしい製品です。

photo

関連記事

photo

ヤマハが発売した中規模Web会議向けUSBスピーカーフォン「FLX UC 500」は、複数人でもコミュニケーションしやすい音へのこだわりが特長だ。クリアな音声で、Web会議をストレスなく快適に。


ワンランク上のWeb会議を実現する秘密

 「FLX UC 500」の大きな特長は15センチ四方のサイズに大小2つのスピーカーを装備すること。それぞれ中低音域と高音域をカバーし、一般的なスピーカーフォンよりもリアルで聞き取りやすい音声を出力します。

photo 大小2つのスピーカー

 コンパクトなボディには4個の高性能指向性マイクが内蔵されており、360度どの位置からの発言もクリアに収音。何気ない一言や小さな声もバッチリ収録し、参加者それぞれの声色の違いも繊細に再現します。誰の発言なのか迷わず分かるのは、遠隔会議のストレスを軽減してくれますよ。

photo エコーキャンセラー

 参加人数が多い会議では、白熱してくると発言がかぶってしまうことも。そんな事態も想定し、エコーキャンセラーにもこだわりました。エコーや反響、音の潰れもなく快適な会話を可能にします。

 PCとUSBケーブルを接続するだけで、ドライバが自動でインストールされるセットアップの手軽さも魅力です。使用ソフトやシステムを問わず、つなぐだけでマイク/スピーカーとして認識するので、アイデア次第でWeb会議以外のシーンでも活用できるかもしれません。

photo セットアップUBBケーブルをつなぐだけ。操作も本体ボタンで

 音量調節やミュート、電話接続/切断などよく使う機能は本体のボタンで操作可能。会議室の中央に設置しておけば、いつでも迷わずスマートに会議をスタートできます。

 「FLX UC 500」は、2014年にヤマハグループに加わった米Revolabs(レボラブズ)が開発を手掛けています。北米や欧州を中心に展開しており、ワイヤレスマイク開発で培った技術力はグローバルに評価されている同社。ヤマハが国内販売するRevolabs製品の第1弾でもあり、世界標準の品質をコンパクトに凝縮した自信作です。


 今回は、読者のみなさまの中から「FLX UC 500」を2名様に、それぞれ2台ずつお届けします。ご自身の職場で一定期間お使いいただいた上で、使用感などをおうかがいすべく、編集部が取材に参ります。もちろん取材にご協力いただいた後は、そのまま無期限でお使いいただけます。副賞に、Web会議促進補助費としてAmazonギフト券1万円分をお渡ししますので、Webカメラやディスプレイなどにお使いいただけます。

 また、残念ながらモニターに外れた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券5000円をプレゼントいたします。ぜひ、スピーカーフォン導入などにお役立て下さい。

 いつものWeb会議をワンランク上にアップグレードしたい! というご要望はもちろん、これからWeb会議を本格的に導入したい――というケースでもOK。この機会にぜひ、「遠隔会議がこんなに快適に!?」の驚きを体感してください。

photo

 より詳しい製品情報は以下の記事からどうぞ。

関連記事

photo

ヤマハが発売した中規模Web会議向けUSBスピーカーフォン「FLX UC 500」は、複数人でもコミュニケーションしやすい音へのこだわりが特長だ。クリアな音声で、Web会議をストレスなく快適に。



■モニター当選から記事紹介までの流れ

  • 応募者の中から選考でモニター当選者を決定します。当選者にはアイティメディアから2016年3月下旬ごろにメールでご連絡いたします(当選連絡メールの送信後、1週間以内に専用フォームへご回答いただけない場合、次の方へモニターの権利をお譲りいただきます)。
  • ご本人確認のため、本人確認書類の送信をお願いする場合がございます。
  • アイティメディアから本製品を送付いたします(2016年3月下旬を予定)。
  • 本製品をご試用いただき、貸出日から1カ月前後にモニター当選者様に取材するため設置先をご訪問いたします。
  • 取材内容によっては、アイティメディアおよびヤマハから追加取材(メールまたは電話連絡)する場合がございます。
  • 取材したモニター体験記事を写真とともにITmedia内の記事ページおよびヤマハのWebサイトでご紹介いたします(2016年4月下旬〜5月を予定)。

■モニター応募条件

  • 本製品をご自身で開封、設置、セットアップしていただける方
  • 本製品の受け取り1カ月以内に、本製品の体験や所見(製品の性能や特徴、導入後の活用法に関すること)についての取材を受けていただける方
  • 勤務先企業名、お名前、お顔、Web会議システム設置場所の周辺を記事内で紹介可能な方
  • ITmedia内のページおよびヤマハのWebサイトに、今回取材する記事を掲載することをご了承いただける方
  • ヤマハ株式会社およびアイティメディア株式会社からの情報を、電子メールや送付物などでお送りする場合があることにご了承いただける方
  • Web会議システム、スピーカーフォンを製造および販売する企業に勤務されている方の応募はご遠慮ください。

■ご注意

  • 設置先取材及び撮影のために、設置場所への立ち入り及び少なくとも1時間のお時間をいただきます。
  • 本製品はモニターへ貸与するもので、他者への貸与・転売はできません。
  • 応募内容に虚偽記載があった場合、何らかの理由により取材ができない場合は、本製品の貸与を終了する場合があります。
  • その際に発生する配送料はモニターにご負担いただきます。
  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「ヤマハ株式会社」および「アイティメディア株式会社」に収集されます。
  • 「ヤマハ株式会社」および「アイティメディア株式会社」から電子メール、電話、送付物による情報をお送りする場合がございます。
  • 個人情報は「ヤマハ株式会社」および「アイティメディア株式会社」のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ヤマハ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ニュース編集部/掲載内容有効期限:2016年3月7日

モニターキャンペーン

音へのこだわりが特長のスピーカーフォン「 FLX UC 500」2台セットで2名様にお使いいただきます。あわせて1万円のAmazonギフト券をプレゼントいたします。
また、外れた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券5000円をプレゼントいたします。ぜひこの機会をご利用ください。