ニュース
2016年02月16日 09時32分 UPDATE

東芝、PC生産から全面撤退へ 杭州工場を売却 富士通、VAIOの工場に生産を委託

富士通とVAIOとのPC事業の統合に向けて、東芝が中国の杭州工場を売却し、生産から全面撤退する方向で調整していることが分かった。

[産経新聞]
産経新聞

 経営再建中の東芝が富士通とVAIO(バイオ、長野県安曇野市)とのパソコン事業の統合に向けて、中国・浙江省にある杭州工場を売却し、生産から全面撤退する方向で調整していることが15日、分かった。中国企業と売却交渉を進めている。事業統合した後も各社のブランドは維持し、東芝は「ダイナブック」の生産を富士通とVAIOの工場に委託する。設計と開発に専念し、生産コストを抑える狙いだ。

 現在、東芝と富士通、VAIOの3社は事業統合に向けて協議を行っており、持ち株会社を設立し、傘下に3社のパソコン事業会社を置く方向で調整している。生産拠点は富士通の島根工場(島根県出雲市)とVAIOの安曇野工場に集約する。杭州工場の売却交渉が決まった段階で、3社は事業統合への最終調整に入る。

 3社とも年度内に事業統合に基本合意したい考えだが、東芝の杭州工場の売却交渉次第で遅れる可能性もあるという。

 また、3社は持ち株会社の出資比率についても協議中。東芝と富士通は資産を軽くしたい方針で、出資比率をなるべく抑えたい考えだ。

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -