ニュース
2016年02月22日 09時26分 UPDATE

ほんまに閉店したの? 「もうあかん やめます!」掲げ続けた名物靴店「靴のオットー」閉店から一夜明け…… (1/3)

「もうあかん やめます!」などの垂れ幕で20年以上親しまれたが、20日にほんまに閉店した大阪の名物靴店「靴のオットー」。ほんまのほんまに閉店したのだろうか。21日、同店に足を運んだ。

[産経新聞]
産経新聞

 「もうあかん やめます!」などの垂れ幕で20年以上親しまれたが、20日にほんまに閉店した大阪の名物靴店「靴のオットー」(大阪市北区)。多くの報道陣や客が見守る中、店主が涙を流す一面もあったが、ほんまのほんまに閉店したのだろうか。もしかしたら、今後も営業を続けるのではないか!? 真実を確かめるべく、一夜明けた21日、同店に足を運んだ。(芦田彩)

“最後の垂れ幕”どこへ…

画像 「靴のオットー」のシャッターに閉店を告げる貼られた紙を眺める通行人。「ほんまに閉店したの?」との声もちらほら=大阪市北区(芦田彩撮影)

 21日午後1時。同店を訪れると、シャッターが下りていた。店の屋根に取り付けられた、やたらと目立つ黄色のテントは健在。20日の閉店時に披露された「ほんとうに閉店」などと書かれた“最後の垂れ幕”は姿を消している。

 ビジネス街・西天満のど真ん中の交差点に位置することもあり、日曜のこの時間帯は、前日のお祭り騒ぎとは打って変わって静けさが漂う。ちらほらと人が通っては、同店の前で立ち止まって眺めたり、スマートフォンで写真を撮影したりして去って行く。

 前を歩いている人に、本当に閉店したと思うか聞いてみた。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -