ニュース
2016年02月23日 09時27分 UPDATE

「難しすぎる!」“とんがった人材”求めた京大特色入試に早くも見直し論 (1/4)

京大が今年度から実施した「特色入試」に「難しすぎる」という声が上がっている。定員5人の医学部医学科では合格者はわずか1人。見直し論も浮上するが……。

[産経新聞]
産経新聞

 大学入試シーズンが本格化する中、京都大がユニークで個性的な人材を集めようと、今年度から実施した「特色入試」に対し、受験生ら関係者から「難しすぎる」という声が上がっている。一足先に発表された医学部医学科(定員5人)では、合格者はわずか1人。受験資格からハードルが高いとの声が目立ち、京大内部では早くも特色入試の見直し論も浮上する。ただ、特色入試は、これまでのように各科目で高得点を取る秀才的な学生ではなく、特定の分野に偏っていても卓抜した能力を発揮する「とんがった人材」(大学関係者)というコンセプトがある。そんな人材を発掘するには、「該当者がいなければ合格者ゼロでもいい」という声もあるのだ。(西川博明)

画像 「難しすぎる」との声も上がる京都大の特色入試。試験秀才ではない"“とんがった人材”を発掘しようと山極寿一総長は自らポスターに登場、特色入試のPRに余念がない=京都市左京区の京大吉田キャンパス

合否や受験資格に「?」

 「えっ、合格者1人?」

 1月13日正午ごろ、京大吉田キャンパス(京都市左京区)で行われた特色入試初の合格発表。定員5人の医学部医学科の合格者番号が掲示板に張り出されると、驚きの声が上がった。

 最先端の医学を研究し、将来のノーベル賞候補を育てることが期待される医学科の特色入試。昨年12月22〜23日、理科を題材にした小論文と面接が実施された。受験生は5人で、志願者倍率は1倍だった。

 京大側は、合格者をわずか1人にとどめた理由について「答えられない」(医学部)と明らかにしていない。注目されていた高校2年の飛び級合格もなく、意外な結果となった。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -