ニュース
2016年02月29日 14時45分 UPDATE

モンストのキャラ不正入手、440万円稼ぐ 「家族養っていた」 33歳男を逮捕

モンストのレアキャラクターをチートプログラムを使って入手したとして、大阪府内の男が逮捕された。男はキャラを売った稼ぎで「家族を養っていた」という。

[産経新聞]
産経新聞

 スマートフォン向けの人気ゲーム「モンスターストライク(モンスト)」をめぐり、ゲームのデータを改竄(かいざん)することができる不正プログラムを使い、レアキャラクターを入手したとして、兵庫県警サイバー犯罪対策課などは29日、私電磁的記録不正作出・同供用容疑で、大阪府豊中市庄内栄町、無職、西村直樹容疑者(33)を逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は、モンストを有利に進行できるようデータを改竄できる「チートツール」と呼ばれる不正プログラムを、インターネット上から自宅パソコンにダウンロード。昨年12月、このプログラムを使い、レアキャラクター3体を不正に入手したとしている。

 県警によると、西村容疑者は不正に入手したキャラクターを売るとインターネットオークションに書き込み、落札者に3体をセットで約1500円で販売。昨年4月〜今年2月、同様の手口で計約440万円を稼いでいたとみられる。西村容疑者は調べに対し、「キャラクターを売ることで家族を養っていた」と容疑を認めているという。

 県警が昨年12月、サイバーパトロールでオークションの書き込みを見つけ、犯行が発覚した。

 モンストはキャラクターを敵にぶつけて倒す対戦型ゲーム。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)大手のミクシィが運営している。

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -