ニュース
2016年03月08日 09時09分 UPDATE

「この美しい字をフォントに」――ラストエンペラーの弟、溥傑の書体がフォントで復活 (1/3)

清朝最後の皇帝、愛新覚羅溥儀の実弟、溥傑の毛筆が今春にも、フォント「相依為命体(そうい・いめいたい)」としてよみがえる。

[産経新聞]
産経新聞

 清朝最後の皇帝、愛新覚羅溥儀の実弟、溥傑の毛筆が今春にも、書体デザイン(フォント)「相依為命体(そうい・いめいたい)」としてよみがえる。溥傑は流れるような書体が特徴の書家として知られ、文字の独特の美しさに惚れ込んだ大阪市のシステム会社などが書家、香蘭さんと共同開発した。CD−ROMなどを購入してパソコンにインストールすると、溥傑の毛筆で手紙などを書くことができる。数奇な運命をたどったラストエンペラーの弟の筆跡の復活も、ドラマチックな偶然の出会いがきっかけだった。(中山玲子)

画像 溥傑の毛筆作品(出典:「愛新覚羅溥傑・浩 書画集」福永?生主編 中央公論事業出版 2014年4月)

 「この美しい字をずっとフォントにしたいと思っていた。実現できるのは本当にうれしい」

 大阪市東淀川区のシステム会社スキルインフォメーションズのコンテンツ事業部の片岡正部長は、感慨深げだ。

 片岡部長が初めて溥傑の書を目にしたのは約10年前だ。その流転の人生をドキュメントタッチで描いたテレビ番組を偶然見たのがきっかけだった。「番組で紹介された溥傑さんの書をひと目みたときから魅了された」(片岡部長)という。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -