ニュース
2016年03月17日 09時06分 UPDATE

「ウチの会社電気売るんだってよ」 電力販売ノウハウ本が話題 関電子会社が発刊 (1/4)

電力の小売り全面自由化を前に、関西電子会社が電力小売りビジネスの解説本を出版、増刷を繰り返すなど話題だ。

[産経新聞]
産経新聞

 4月から家庭も電力会社を選べる電力の小売り全面自由化を前に、関西電力系のIT企業が電力小売りビジネス解説本を出版、すぐに初版2千部を完売して増刷を繰り返すなど話題だ。親会社の関電から顧客を奪う新電力(特定規模電気事業者)の新規参入を促すことにもなるノウハウ伝受は電力販売事業のシステム開発など本業の顧客開拓の一環。関電も「電力業界全体に意義があること。どんどんやってほしい」と太っ腹な姿勢をみせている。(中島高幸)

増刷決定

 解説本は「ウチの会社電気売るんだってよ」(日本電気協会新聞部発行、税別1800円)。

画像 関電システムソリューションズが出版した「ウチの会社電気売るんだってよ」

 関電系のIT企業、関電システムソリューションズ(大阪市北区)のビジネスコンサルティング部の武川克哉部長(48)と石橋和幸さん(35)を中心に執筆を担当。実際に電力販売の事業計画策定から具体的な業務などのシステムを販売している経験からノウハウを惜しみもなく書き込んでいる。

 1〜3章では、電気事業の歴史や、発電した電気がどのようにして家庭に届くのかといった基礎的な内容を解説。4〜13章は、電力小売り事業を始めるにあたって必要事項や、電気料金メニューの考え方、料金計算方法など具体的な内容まで体系的にまとめている。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -