ニュース
2016年03月17日 09時08分 UPDATE

有田みかんのブランド偽装横行? 「食べたらまずかった」……不正利用される段ボール箱、JAは対策に苦慮 (1/3)

有田みかんの偽装販売が懸念されている。「有田みかん」と記された段ボール箱を不正利用したり、生産地がはっきりしないミカンを「有田みかん」としてネットで格安販売したり……JA関係者は対策に頭を悩ませている。

[産経新聞]
産経新聞

 ミカンの生産量が全国一の和歌山県。中でも県中部の有田地域内で収穫される「有田みかん」は、温州ミカンの全国トップブランドだ。しかし「JAありだ」によると、毎年「おいしくなかった」などというクレームが寄せられている。実は「有田みかん」と記された段ボール箱を不正利用して中身が違っていたり、生産地がはっきりしないミカンを「有田みかん」としてインターネットで格安販売したりするなど、「偽装販売」が懸念されているのだ。しかし、加工品ではないため偽装かどうかを証明するのは難しく、ブランドを守ろうとJA関係者は対策に頭を悩ませている。(福井亜加梨)

画像 有田みかんの栽培

クレーム相次ぐ

 JAありだ販売企画課によると、消費者から「有田みかんを買ったがおいしくなかった」との苦情や問い合わせの電話は、毎年寄せられている。今シーズンは10件近く届き、中には偽装が疑われるケースもあったが、販売会社を突き止めることなどはできなかったという。

 また、昨年12月中旬、「箱買いしたが、多くが腐っている」との電話があった。同課が段ボール箱を調べたところ、9月下旬〜10月上旬に出荷されたはずの有田みかんの人気品種「ゆら早生」の段ボール箱で売られていたことがわかった。

 本来ならありえない品種の箱と販売時期の組み合わせに、同課の担当者は「中身を詰め替えて売られていた可能性が高い」と指摘する。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2016 Sankei Digital All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -