ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年05月17日 15時24分 UPDATE

Google傘下のWaze、ベイエリアで相乗り通勤サービス「Carpool」のテストを開始

Google傘下のソーシャルナビゲーション企業Wazeが、Wazeアプリを使った相乗り通勤サービスのパイロットプログラム「Waze Carpool」をカリフォルニアのベイエリアで開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のソーシャルナビゲーション企業Wazeは5月16日(現地時間)、米カリフォルニア州サンフランシスコのベイエリア限定で、相乗り通勤サービス「Waze Carpool」のパイロットプログラムを開始したと発表した。まずは招待制で、参加企業の従業員はアプリをダウンロードすることでパイロットプログラムに参加できる。

 waze 1

 Googleは2015年6月、同様のパイロットプログラム「RideWith」をテルアビブで実施している。

 参加企業の従業員は自分のAndroidあるいはiPhoneアプリ版「wazeRIDER」をインストールして“ライダー”になる。相乗りを依頼すると、そのライダーの家の近くを通勤ルートにしているWazeユーザー(ドライバー)がマッチングされ、ドライバーが受け入れると相乗りが成約する。

 waze 2 wazeRIDERアプリ(Android版)

 ライダーはドライバーにガソリン代を支払う。支払いは、アプリ内で自動的に計算され、決済される。このサービスの目的はあくまでラッシュの軽減とエネルギー消費の削減なので、ドライバーがもうかるものではない。

 ライダーとドライバーはお互いのプロフィールをアプリで確認できる。パイロットプログラムでは、同じコンビでの相乗り率が高かったという。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.