Special
2016年09月20日 17時00分 UPDATE

ビジネスシーンの「ほしい」を全部 ノートにもデスクトップにもなる“3-in-1”Windowsタブレット「HP Elite x2 1012 G1」トライアルキャンペーン!

[PR/ITmedia]
PR

 ビジネスシーンで活用したいアイテムとして、今注目を集めるWindowsタブレット。既存の業務アプリケーションをそのまま利用できる、社内システムとの連携もしやすい――など、導入を検討している企業も多いのでは。しかし、社員それぞれが使いこなせるかはまた別問題。デバイスの変化に振り回されることになっては本末転倒です。

 日本HPのWindows 10 Pro搭載マシン「HP Elite x2 1012 G1」(以下、Elite x2 1012 G1)は、タブレット、ノートPC、デスクトップ、それぞれの長所を生かす“3-in-1”デバイスです。タブレットとしての薄さ・軽さ、ノートPCの高い機動性はもちろん、オプション機器とともにデスクトップPC同様の拡張性と生産性を実現し、ビジネスのあらゆるシーンに必要な機能をコンパクトなサイズに詰め込みました。

photo HP Elite x2 1012 G1

 魅力的な端末とはいえ、ビジネスでの導入を考えると「業務で本当に使い物になるか分からない」と迷う方も少なくないかもしれません。ITmedia ニュースは今回、日本HPと共同で、Elite x2 1012 G1のトライアルキャンペーンを実施します!

 ご応募いただいた方の中から5名様に、

Elite x2 1012 G1(トラベルキーボード付き)

無線ドッキングステーション

23インチワイドモニター

USB 日本語版スタンダードスリムキーボード

USBレーザーマウス

をセットにして貸出しいたします。2か月ご試用いただき、その使用感などを取材させていただきます(※企業内で使用されるユーザーが対象になります)。

photo Elite x2 1012 G1と無線ドッキングステーション、23インチワイドモニター等のセットでモニターを募集します

タブレット、ノート、デスクトップ――“3-in-1”の使い心地を体験

 Elite x2 1012 G1は、64ビット版のWindows 10 Proと12インチ(1920×1280)ディスプレイを搭載するタブレット。薄さは約8ミリ、重さは約820グラムと薄型軽量、1枚のアルミニウム板を削りだして仕上げた筐体の美しさも特長です。タブレットを自立させるキックスタンドは細い枠のようなユニークなデザインになっており、最大150度までリクライニングできます。

photo スマートで美しいデザインのキックスタンド

 HPのビジネスPC最上位モデル「HP Eliteシリーズ」と同じく、米軍調達基準の厳しい耐久性試験(MIL STD 810 G)をクリアした堅牢性はお墨付き。ガラス面には「Gorilla Glass 4」(Corning製)を採用し、頑丈さと薄さを両立しました。

手書きもタイピングも快適に、デスクトップはワイヤレス

 ビジネスツールとしての使い心地を追求し、紙やノートのように自由に使えるよう、ワコムの新方式「アクティブ静電結合方式」(AES)のデジタイザーペンを標準搭載。2048階調の筆圧を感知し、走り書きや小さな文字でも、潰れず、かすれずに書き込めます。日常的なメモや手書き入力、電子サインへの利用などに活用できます。

photo 紙のような書き心地の付属ペン

 生産性を大きく左右するキーボードは、1.5ミリのキーストロークを確保したフルサイズ・バックライト付き「HP Elite x2 1012 G1 トラベルキーボード」をオプションで用意。快適なタイピングにこだわるのはもちろん、重さ385グラムながら大きなクリックパッドも搭載し、ノートPCと変わらない操作性を実現します。

 今回モニターセットに付属する高速通信規格「WiGig」を利用したアドバンスド無線ドッキングステーションを使えば、外部モニターやUSB、LANなどをワイヤレスで接続でき、さらに便利に。タブレット画面をプロジェクターに投影したり、外付けモニターを併用したり――オフィス内ではケーブルレスでデスクトップPCスタイルでの活用ができるのです。

法人導入も安心 充実のセキュリティ

 法人導入で重要になるのは、セキュリティと管理面。Elite x2 1012 G1は、本体に指紋認証リーダーを搭載するほか、不正改ざん対策がされたNIST SP 800-147、NIST SP 800-155準拠のBIOSプログラムを搭載し、認証情報やデータ保護、デバイス保護などあらゆるセキュリティ機能を管理・設定できる「HP Client Security」もプリインストール。充実のセキュリティ機能を搭載し、安定運用をサポートします。

 高まるモバイルワーク需要に応え、Wi-Fiモデルに加え、au 4G LTE対応モデルとdocomo LTE Xi対応モデルもラインアップしました。日本の環境に合わせた日本専用のLTEアンテナを開発・搭載し、高い伝送速度と安定した通信で社外からも快適に業務をこなせます。docomoモデルならMVNOのSIMカードも利用できるので、使い方に合わせて通信プランをカスタマイズすることも可能です。

 高パフォーマンスとセキュリティ機能、モバイル活用のしやすさを兼ね備えた端末として、Elite x2 1012 G1はBYOD(Bring Your Own Device:個人所有端末の業務利用)にも適しています。日本でも採用する企業が増えつつあるBYOD。最新スペックを備えたElite x2 1012 G1を業務で使えば、会社支給のPCよりも高い生産性を発揮できるケースも多いでしょう。

 ビジネスシーンに最適化したWindowsタブレット、Elite x2 1012 G1で“3-in-1”のメリットを実感してみませんか?

 募集要項は以下の通りです。入力フォームに必要事項をご記入の上、送信してください(注意事項も必ずご確認ください)。お申し込み多数の場合は厳正な審査の上、当選者を決定いたします。当選のご案内はメールにて送付します。ビジネスシーンでしっかり使えるWindowsタブレットを無料で手に入れられる貴重な機会ですので、奮ってご応募ください!

photo Elite x2 1012 G1と無線ドッキングステーション、23インチワイドモニター等をセットで

募集要項

■モニター当選から記事紹介までの流れ

  • 下記のモニター応募条件と注意事項をよくお読みになり、本ページからリンクするフォームからご応募ください。
  • 応募者の中から厳正な審査の上、モニター当選者を決定します。当選者にはアイティメディア株式会社から順次メールでご連絡いたします(当選連絡メールの送信後、既定の期間内にご回答いただけない場合、次の方へモニターの権利をお譲りいただきます)。
  • ご本人確認のため、本人確認書類(運転免許証、パスポートなどご住所の確認できる書類のコピー/スキャン画像など)を送信していただく場合があります。
  • 「Elite x2 1012 G1」を送付いたします(2016年10月以降順次送付予定)。
  • 本製品を2ヶ月間貸出いたします。その間に試用された感想などについて株式会社 日本HPより取材させていただきます。
  • 取材したモニター体験記事を株式会社 日本HPのWebサイト内でご紹介いたします。また、ITmediaにも転載される場合があります。
  • 貸出期間終了後は、所定の宛先にご返却いただきます。

■「Elite x2 1012 G1」トライアルキャンペーン モニター応募条件

  • ご自身の職場で今回のモニター製品(Elite x2 1012 G1)を使用できる方(PC/タブレットを製造および販売する企業に勤務されている方の応募はできません)
  • 本製品をご自身で開封、セットアップしていただける方
  • 本製品の受け取り後2か月の間に、本製品の体験や所見(製品の性能や特長、導入後の活用法に関することなど)について取材させていただける方
  • 勤務先業種/規模、ご自身の職種、モニター製品活用の様子を記事内で紹介可能な方(記事ではお写真、お名前をご紹介させていただく場合があります)
  • 貸出期間後、本製品をご返却いただける方
  • 株式会社 日本HPのWebサイト内に、今回取材する記事を掲載することをご了承いただける方
  • 株式会社 日本HPおよびアイティメディア株式会社からの情報を電子メールや送付物などでお送りする場合があることにご了承いただける方

■応募方法

キャンペーン応募ページよりお申し込みください。

■当選発表

厳正な審査の上、当選者を決定し、当選通知のご連絡をもって発表とかえさせていただきます。

■当選ご連絡

2016年10月以降順次ご連絡予定

■ご注意

  • 1社様1セット、1回限りのご応募とさせていただきます。
  • 本製品はモニターへ貸与するものです。貸出期間終了後、ご返却いただきます。
  • 本企画にご協力いただく方には、株式会社 日本HPもしくはその委託を受けたアイティメディア株式会社から詳細を後日メールにて連絡いたします。
  • 応募内容に虚偽記載があった場合、何らかの理由により取材ができない場合は、本製品の貸与を終了する場合があります。
  • その際に発生する配送料はモニターにご負担いただきます。
  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社 日本HP」および「アイティメディア株式会社」に収集されます。
  • 「株式会社 日本HP」および「アイティメディア株式会社」から電子メール、電話、送付物による情報をお送りする場合がございます。
  • 個人情報は「株式会社 日本HP」および「アイティメディア株式会社」のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporationの商標です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社 日本HP
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ニュース編集部/掲載内容有効期限:2016年11月30日