ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年09月23日 17時12分 UPDATE

「郵便受けにUSBメモリ」がマルウェアの新たな感染経路に (1/2)

USBメモリの投げ込みにご注意を。

[AP通信]

 ジュリアン・アスコエトさんは今年7月、郵便受けから無地の白い封筒を取り出した時点で既に不審に思っていたという。

 封筒には切手は貼られておらず、何の印字もなかった。フランス北西部の港町ナントの郊外に住むアスコエトさんの自宅に何者かが直接届けたにちがいない。

 ソフトウェアエンジニアのアスコエトさんは9月22日、オンラインチャットで次のように語った。「何が入っているか分からないので、恐るおそる封を開けた。刑事ドラマ『NCIS』で、似たような封筒に炭疽菌が入っていたエピソードを思い出していた」

 封筒に入っていたのはUSBメモリで、メモや説明は一切なかった。炭疽菌ではなかったものの、安心はできなかった。

 USBメモリ(サムドライブとも呼ばれる)は、悪意のある不正ソフトウェアをコンピュータに感染させる目的で使われることがある。アスコエトさんによれば、受け取ったUSBメモリにはメーカー名が印字されていたが、新品ではなさそうだったので、恐らくメーカーは郵便受けへの謎の投函には関係していないはずだという。

 セキュリティ研究者でもあるアスコエトさんは結局、このUSBメモリを処分した。ただし、その前に写真を撮り、Twitterに投稿した。

photo アスコエトさん宅に投げ込まれていたUSBメモリ(Photo/Julien Ascoet via AP)
       1|2 次のページへ

Copyright 2017 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.