ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年09月26日 11時25分 UPDATE

米運送大手のUPS、ドローン配送のテストを開始

米貨物運送大手のUPSが、ドローンでの貨物配送テストを開始した。離島など、到達しにくい場所への救急物資の配送などでのドローン採用を検討している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米貨物運送大手のUPSは9月23日(現地時間)、ドローンメーカーの米CyPhy Worksとの協力により、離島や被災地へのドローンによる商用貨物配送のテストを開始したと発表した。

 drone 1 UPSのロゴを付けたCyPhyのドローン

 テストは、マサチューセッツ州ビバリーから、大西洋岸から約4.8キロ離れた小さな島Children's Islandに救急医薬品を届けるというシナリオで22日に実施した。UPSは「ドローンは、到達しにくい場所への緊急配送の素晴らしい解決策になる」と説明し、世界中の到達しにくい場所への人道支援物資の配送でのドローン活用も検討中としている。

 drone 2 テストは離島への救急医薬品配送というシナリオで実施された

 採用されたドローンは、CyPhyの「Persistent Aerial Reconnaissance and Communications(PARC)」モデル。離陸から着陸までを自動で行えるため、操作が簡単で、6ポンド(約2.7キロ)までの貨物を配送できるという。

 このテストは、米連邦航空局(FAA)が8月末に施行した新たな安全規則に準拠する。FAAは、米国では2016年中に商用ドローンが60万台に増加すると予測している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.