ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2016年09月30日 08時04分 UPDATE

金曜日は午後3時に退社……「プレミアムフライデー」政府・経済界が検討 定着するのか? (1/3)

月末金曜の午後は「仕事をやめ、街へ出よう」――政府と経済界が、消費拡大への取り組みとして「プレミアムフライデー」の構想を検討している。

[産経新聞]
産経新聞

 月末金曜の午後は「仕事をやめ、街へ出よう」。

 政府と経済界が、消費拡大への取り組みとして、今年末から月末金曜の午後、早期に退庁、退社することを促し、買い物や旅行などに充てる「プレミアムフライデー」の構想が検討されている。経団連などが立案し、政府と経済界がタッグを組むという異例の取り組みになる。同様の取り組みで先行したお隣の「あの国」で生じた課題を教訓に、単なる「安売りセール」にしない考えだ。

画像 プレミアムフライデーなら、金曜の夕方からビールなどを楽しめるようになる=大阪市北区の百貨店屋上

 プレミアムフライデーでは、午後3時や正午に仕事を終える案が出ているが、ともかく早めに仕事を終えて、ショッピングや外食、旅行、趣味の時間に充てることなどを促進していく。

 経団連では「生活サービス委員会」の中にプロジェクトチームを設置。日本百貨店協会、日本ショッピングセンター協会、日本旅行業協会、ジャパンショッピングツーリズム協会など、消費や旅行、観光に関連する業界団体などが参加し、どういう取り組みが可能かを検討している。

 同時に、経団連では、経済同友会や日本商工会議所などと連携し、働き方改革として有給休暇の取得促進も進めている。プレミアムフライデーの金曜午後を活用して、翌週月曜に有休を取るようにすれば、3.5日の連休も可能になり、旅行などにも充てやすいとみている。経団連に加盟する大企業だけでなく、中小企業でも有休とプレミアムフライデーの連携を進めたいと考えているようだ。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -